英語を話すのに、正しい発音や正しい文法は不要!? でもそれだと〇〇が難しくなりますね。

日進市で、主に日進西中学校の生徒を中心に、生徒みずから主体性を持って学び、自分のペースで勉強できる、ICTを活用した自立学習による学びの場を提供している、セルモ日進西小学校前教室 塾長の西尾です。

 

今日は、大人の方の英語の勉強についてです。

英語を話すのに、正しい発音や正しい文法は不要!?

インターネットやSNSの発展で、大人が英語を学ぼうとするといろいろな手法が選べるようになりました。

私は、基本Clubhouseを使って、海外の方々のお話を聞いて耳を鍛えたり、たまには海外の方とお話したりして英会話力を鍛えてきました。

 

Clubhouse以前は、Yotutubeもよく見ていました。

 

 

最近見つけたこちらのチャンネル、オーストラリアで活躍されている日本人Youtuberの動画です。

 

面白いのは、本人とっても流暢に英語が話せるのに、わざと、日本語アクセント(カタカナ英語)で、文法も日本人にありがちな間違いをわざとしながら、オーストラリアの方々に話しかけ、ひどい日本語アクセント(カタカナ英語)や文法でどれくらい通じるのかって実験しているところです。

 

 

結果は動画を見れば一目瞭然、ほぼ全員が聞き取りにくい、日本語アクセント(カタカナ英語)を「努力して」聞いてくれました。

 

毎回、会話の最後に発音、文法、語彙力(ボキャブラリー)のどれが一番大事だと思う?って聞くと、いろいろな回答がでていましたね。

逆に、いえば、発音に関しては、カタカナ英語で話したとしても、必ずしも通じないということは無いということです。

 

発音がカタカナのままだと、実はリスニングが難しくなります。

このYoutubeをみて、「なんだ、カタカナ発音でも通じるなら、発音はカタカナのままでも大丈夫じゃん!」って思ったあなた、たしかにこのビデオのように相手が聴く「努力」をしてくれることで、カタカナ英語でも通じると思います。

 

ただし、それは、あなたも相手の流暢な英語を聞き取ることができるときだけです。

 

自分はカタカナ英語のままでも相手は頑張って聞き取ってくれますが、相手の発音は流暢な英語で返ってきます。

その英語が聞き取れないと、会話の流れが中断し、相手がストレスを感じてしまいますよね。

 

人によっては、ゆっくり話そうとか、クリアに話そうとかと工夫してくれるネイティブもいますが、多くのネイティブは、ゆっくり話すことが苦手なので、手加減なしのスピードで話し続けます。

 

そう、会話をスムースにしようと思うと、リスニング力を上げる必要があります。

 

その時大切なのが、実は、ネイティブに近い発音なんですよね。

 

日本語と英語の音があまり違うため、英語には日本語にない音が数多くあります。

そうした普段発音しない音は、耳で聞いても「言語」として認識されず、「雑音」扱いされてしまいます。

 

これが、リスニングの難しさの一つの原因です。

 

さらに、ネイティブに近い発音をしていると、自然と、単語同士をつなげるリンキングや、音が落ちるリダクションといった音の変化も自分が話すときに使うようになるので、聴くときにも、そうした繋がった単語や、発音されていない音が聞こえるようになってきます。

 

だから、正しい発音をしないで耳だけ鍛えるというのは、かなり遠回りの練習だといえますね。

 

Youtubeを見て、分かる通り多少の発音や文法ミスは、相手も気にせず聞いてくれるので、自信を持って話しかけましょう。

その時に、相手の言っている英語が聞こえるように、リスニング力を鍛えるのをお忘れなく!

 

無料体験授業で、試してみませんか?

お子さんの主体性を育みながら、高い学力が身につくセルモのパソコン個別学習を無料体験していただくことができます。

  • パソコン学習ってどんなの?
  • パソコン学習を、ウチの子はやりたがるかしら?
  • パソコン学習の効果は?

どうぞ、体験授業でお確かめください。

当学習塾へのアクセス(日進市浅田町)

住所:日進市浅田町東田面101 2A(日進西小学校の目の前です)

お申し込み・お問い合わせは、LINE・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます