公立高校の一般入試では、殆どの学校で面接がなくなりました! 

日進市で、主に日進西中学校の生徒を中心に、生徒みずから主体性を持って学び、自分のペースで勉強できる、ICTを活用した自立学習による学びの場を提供している、セルモ日進西小学校前教室 塾長の西尾です。

 

公立高校を受験する生徒たちから質問があったので、改めて記事にしています。

公立高校の一般入試では、殆どの学校で面接がなくなりました!

公立高校を志望する生徒から、面接について質問がありました。

「一般入試で受験する場合って、面接はあるんですか?」

 

解答としては、「高校によるけど、殆どの学校で面接はありません」となります。

 

名古屋市内と尾張地区で面接を実施するのは以下の、わずか10校だけです。

名古屋市内の公立高校で、面接を実施するのは、守山高校1校のみ!

尾張東部の公立高校では、日進高校と、瀬戸北総合高校の2校のみ!

尾張北部の公立高校では、一宮高校のファッション創造科の1校のみ

尾張西部の公立高校では、津島高校、稲沢緑風館(農業科)杏和高校(総合学科)佐屋高校(農業科、家庭科)、海翔高校(福祉科)、美和高校の6校

 

上記以外の普通科、工業、商業高校でも全て一般入試においては面接がなくなりました。

 

詳細は以下のリンクからどうぞ(愛知県のHPのリンクです)

令和5年度一般選抜の面接実施の有無及び校内順位の決定方式 [PDFファイル/1.16MB]

令和5年度特色選抜を実施する高等学校・学科及び入学検査の内容 [PDFファイル/324KB]

 

逆に推薦入試は、面接のみで合否が決まります!

昨年までも、推薦入試は面接のみで合否の判定がされていたのですが、もし、不合格になったときに一般入試での合否判定が出来るように、念のため学力検査も受ける必要がありました。

しかし、今年の入試から公立高校の推薦入試日程が一般入試と切り離され、一般入試の2週間ほど前に実施されます。

これにより、推薦入試で受験し、合格した生徒は、学力検査を受ける必要がなくなりました。

 

これって、試験に対してのメンタルが弱い子や、学力検査のように広い範囲のテストが苦手な子にとっては、かなり大きなメリットだと思います。

この時点で志望校への必要内申を大きく上回っている生徒は、ぜひ、公立高校の志望校の推薦を検討してみて下さい!

 

最上位~上位高校では、推薦での倍率が2~3倍になるケースがありますが、それ以下の普通科や、商業、工科高校などでは、推薦倍率が1を割っているケースが殆んどで、ほぼ全員が推薦で合格出来ます。

 

推薦入試で合格が決まった後は、フライングで、高校の予習に取り組むことができます。

間違っても、この期間に、気を抜きすぎて、高校に入学してから慌てることが無いように、準備しておきましょう。

 

 

 

 

無料体験授業で、試してみませんか?

お子さんの主体性を育みながら、高い学力が身につくセルモのパソコン個別学習を無料体験していただくことができます。

  • パソコン学習ってどんなの?
  • パソコン学習を、ウチの子はやりたがるかしら?
  • パソコン学習の効果は?

どうぞ、体験授業でお確かめください。

当学習塾へのアクセス(日進市浅田町)

住所:日進市浅田町東田面101 2A(日進西小学校の目の前です)

お申し込み・お問い合わせは、LINE・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます