これって英語のテスト? 自分の考えを書いたらバツになるってなぜ??

日進市で、主に日進西中学校の生徒を中心に、生徒みずから主体性を持って学び、自分のペースで勉強できる、ICTを活用した自立学習による学びの場を提供している、セルモ日進西小学校前教室 塾長の西尾です。

 

先日、ある中学校の英語の問題におやっと思うものがありました。

これって英語のテスト? 自分の考えを書いたらバツになるってなぜ??

ある中学2年の英語の問題です。

 

あなたは自分の傘をなくしてしまいました。あなたはどんな気持ちになったでしょうか。

そのことを不定詞を使って7語の英語で表現しなさい。

 

自分の気持を英語で表現する、いい問題ですよね。

ただ、不定詞を使って7語の英語で表現しなさい と制約があるのが気になります。

 

不定詞を学んだので、不定詞を使って表現することは理解できますが、自分の気持を表現するのに7語という制約は要らないですよね。

これ、誤数制限をつけないと、いろんな回答が出てきて、採点が大変になるからという先生の思いが透けてみえます。

 

解答としては、

 

I was sad to lose my umbrella.

 

と7語で書いて欲しい感じですね。

 

 

でも、ボロボロになった傘を無くしたときは、もしかして新しい傘が手に入るとハッピーに感じるかもしれません。

I was happy to lose my umbrella.

 

傘を無くした自分に腹を立てるかもしれませんね

I was angry to lose my umbrella.

 

自分の考えを書いたらバツっておかしくない?

I was happy to lose my umbrella. (傘を無くしてよかったです)って回答した生徒が、×をつけられたと塾生から聞きました。

問題には、はっきり あなたはどんな気持ちになったでしょうか。 と書いてあります。

自分の気持であれば、良かったとおもっても、怒ったとしても問題ないはずですが、英語の先生は、「普通は傘を無くしたら悲しいでしょ」って・・・

 

普通って何でしょうね。

 

こうやって、テストの回答で、先生の期待する回答を書くことを強制されていくうちに、自分で考えることを放棄してしまいそうです。

 

英語のテストなら、英語の能力を図るだけのテストにして欲しいですね。

無料体験授業で、試してみませんか?

お子さんの主体性を育みながら、高い学力が身につくセルモのパソコン個別学習を無料体験していただくことができます。

  • パソコン学習ってどんなの?
  • パソコン学習を、ウチの子はやりたがるかしら?
  • パソコン学習の効果は?

どうぞ、体験授業でお確かめください。

当学習塾へのアクセス(日進市浅田町)

住所:日進市浅田町東田面101 2A(日進西小学校の目の前です)

お申し込み・お問い合わせは、LINE・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます